kitorixの日記

アラサ―オタ女の記録帳

白ゆき姫殺人事件

★今日見た作品

映画『白ゆき姫殺人事件』(2014)

 

湊かなえの小説を元にしたサスペンス。

美人OLの焼死体が見つかり、その同僚で行方不明となっている地味なOLが容疑者としてあがる。

テレビディレクターをしている男はそれを独自に取材していき、大々的に容疑者Xとして名前こそ出さないものの人物特定できる内容を報道する。

噂話、思い込み、マスコミの影響力等、人間や社会の闇を描いた作品。

―――――――――――――――

はじめに、容疑者役の井上真央の演技がすごくいい。

映画の冒頭では、綾野剛演じるインタビュアーが事件の関係者に話を聞くところから始まる。憶測でものをいう者、自分に不都合な事実を隠す者・・・誰が真実を言っているのか?容疑者の人物像はおろか被害者の人物像まで曖昧になっていく不気味さがある。

このサスペンスドラマの怖さは「誰がどう殺したか」が分からない事ではなく「真実を言っている者が本当にいるのか?」という点。

面白かったです。